おのがき保険事務所

選ばれている理由

すぐ近くにあって、いつもつながっていて、なんでも相談できる
まるで、コンビニ

おのがき保険事務所が、選ばれているのには理由があります

なんでも相談できる

 10年以上にわたり、外出時にはベルトに巻き、オフィスではデスクのすぐ脇に置き、いつも携帯電話と共にある生活を続けてきました。

 

海外にいるときも、少し熱があったりして具合の悪いときも、時間に追われて忙しいときでも、仕事以外のことでも、とにかく着信すればできる限りの対応を続けてきました。同時に、声のかかったイベントやボランティアにも参加するようにしてきました。

 

自慢したいわけではありません。わたしは高校を卒業後、学生から社会人生活を県外で過ごし、Uターン後の仕事も県外への営業ばかりだったので、地元でイベントやボランティアに顔を出すことは、新しい人と出会うことができる貴重な機会だったわけです。

 

 そのことについて、わたしの人生を変えたファイナンシャル・プランナーに愚痴をこぼしたことがあります。

 

彼は、わたしがリストラされた会社の先輩で一足早く起業して独立して、十分な成功を収めていました。保険の仕事で、またファイナンシャル・プランナーとして、わたしが最も信頼を寄せる人物の一人です。

 

最初の出会いから一貫して「自分が儲ける前に、まず相手のためになることをしなきゃダメだよ」が彼の持論でした。わたしなりに解釈すると、保険に限らず営業の世界においては、利益を得ることよりもっと優先されるべきことがある、ということだろうと思います。

 

 「本業以外のことばかりやっていると持ち出しばかりで、まったくお金にならない」とこぼしたとき、「おのがき君、その考えは間違っているよ」と彼は、はっきり言いました。

 

「大切なのは、利益じゃなくて価値だよ。おのがき君は利益を生んでいないかもしれないけど、価値は生み出しているよ」

 

 非常に説得力のある言葉でした。

 

 古い友人から振り込め詐欺に騙されたと相談を受けたことがあります。すぐに警察へ出向いて、振り込み先口座の凍結を要請するように伝えました。

 

 海の近くで暮らしたいという首都圏から移住してきた若い男性と一緒に住まいを探し、起業する彼にかなう助成金を紹介し、金融機関との融資交渉も手伝ったこともあります。

 

 先物取引で大きな損失を出した方の相談で、金融問題が専門の弁護士と協力して、違法な取引を勧めた先物業者から損失金額を全額返金させたこともあります。

 

 明らかな医療ミスで娘さんを失った遺族の方に、医療問題に詳しい弁護士を紹介し、非を認めない病院側から正式な謝罪を引き出したこともありました。

 

 「大切なのは、利益ではなく価値」わたしがお客さんとの接し方を考えるときに、ベースには、常に、彼の言葉があります。